スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海老

えび・えび・えびでぇえ~い♪





えび・えびでい! カチューシャ・グァ~ル!





Do・Ko・Ni・Mo置いてなぁ~い♪





えび・everyday! カチューシャ・が!!





…ふ…何これ↑





後で読み返したら死にたくなりそうだな…。つかもうすでに事切れたい。





つーわけでeverydayカチューシャが置いてない! どこにも!(つっても地元のツタヤと、職場近くのツタヤしか見とらんが)






職場の先輩の誕生日プレゼントにしようと思ってたのに…(ちなみに、先輩はファンではない)。





もちろん、握手券抜いて。




話変わるが、ダジーはAKBの握手会に何度か行ったことがある。これは以前、個別握手会というもの(通常の握手会より少し長めに握手・会話できる)に、握手券三枚握り締め、勇んで幕張メッセに向かった時の話だ。




お目当て女の子は、以前俺の職場で買い物をしていってくれた娘、M。





その子の所に、およそ30分間で三回連続握手しにいったら、一回目、フツーの対応。営業スマイル。二回目、個人的には好感触! いい感じで話が終われた。





そして三回目…向こうとしても驚いたのだろう。その時の彼女の顔ときたらもう…! 
一瞬すげえ嫌そうな顔をした後に『ギ…ギギ…!』と擬音が聞こえてきそうな程のパワープレイで無理矢理笑顔を作ってくれた後に彼女はこう言った!













『…イ…イケメンですね!』













…あれほど悲しい『イケメンですね』も無いもんだ。







だが、考えてみればアイドルゆーても所詮は人間。
俺が同じ立場で握手会なるものをした時、握手も何回かして、話もにもいい感じに終わって、もう今回はこれで終
わりだろうという別れ方をしたのにもかかわらず、また握手しに来られたら、仕事だとしてもなんかヤダ。
かわいい子だとしてもなんかヤダ。いやむしろ相手が自分好みの娘なら尚更ザンネンな気持ちになるやもしれん。
少なくとも『えっ…? また?』と思うだろう。
ましてや俺より人生経験の少ない年下の女子。そうなるのも無理はない。





…もっとも俺の知り合いは『短時間に』ではないが10回位行くらしいが。いやむしろそれ位全然いるらしいが。





ただ一つ分かってほしいMちゃんよ。




俺だって三回目行かない方がキレイに終われると思ったさ。




話の流れ的に二回目で終わりみたいな感じだったのも分かってたし。




でもさ…握手券もったいねーじゃんさ!!




好みの女子…しかも、いまや国民的アイドルと触れ合い会話ができる魔法の券がまだポッケに入っているとゆーのに、潮時を悟ったからって、我慢して自からその魔法のチケットを破棄できる輩がどこに!?
少なくとも、ギョーカイ人でもなんでもない、そしてしょっちゅう握手しに来てる訳でもない、地方からはるばる遠征しにきた俺には…そんな事は出来ん!!



そんなこんなで、もうその子には握手しにいけないけど…これからは、AKBの握手会に来ているめっちゃかわいい素人の女の子をナンパしに握手会に行こうと思う。





うーん下衆。





いや、これがけっこう居るのよ。『○○ちゃんかわいい~』とか言ってさ。
『いやお前の方がかわいいよ』と思えるような娘も結構マジでいたりする。





だが、俺にはそんなところで一人でナンパする度胸は無い!!





…う~ん





VIVA・LA・下衆!!

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ダジー3

Author:ダジー3
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。